部分的に効率よく進めて全体を考えるための備忘録

インプラント治療を始めるとき

インプラントとクラウンがどうちがうかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療をうけるという手段もあります。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんどすべてが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はすさまじくありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスをうけなければならないということも覚えておきましょう。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生もつとされていますが、無論ただ施術すればいいと言う物ではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定指せるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合指せてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。
一見し立ところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもまずないと思っていいでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番似つかわしいでしょう。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
デンタルケアを欠かさないことが重要です。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的にうけ、歯科医や衛生士に指導して貰うことが欠かせません。
どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

コメントは受け付けていません。