部分的に効率よく進めて全体を考えるための備忘録

インプラント治療

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。検査など、治療の一部しか保険が聴かないのが負担が大きくなる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療をうけるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでちょーだい。

インプラントとクラウンがどうちがうかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を初める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大切です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。美容整形(韓国などでは当たり前のようですが、日本ではまだまだ一般的ではないですね)で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができない訳ではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大切です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大切です。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療をうけましょう。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療をうけると言う事も考えていきましょう。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんがうける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を要望することになる患者さんが多くを占めます。入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、ご飯も美味しく感じられます。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなくてはなりません。

コメントは受け付けていません。